読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

器用貧乏です。はげたかです。日記です。

どうも、はげたかです。今まで器用貧乏に生きてきました。ジェネラリスト・フルスタックエンジニアを目指しています。

今日の一言:カテゴリ分けをしっかりしたらPVあがるかな?

【生産性向上】タスク管理で生産性をあげる

はじめに

タスクを上手に管理して、生産性を向上させる記事をまとめてみた。

現段階では、うまくまとめられていない。どのように情報を取捨選択をしていくかが今後の課題となる。

あれこれ悩むよりはまずは行動、書くことに専念する。

ちなみに今週の目標の進捗度は、全然だ...(´・ω・`)

f:id:hagetak:20141123154407j:plain

タスクの管理・整理

  1. すべてのタスクを洗い出す(週1)

必要ではないタスクは、他人にまかせるのが一番手っ取り早い。

「緊急度」「重要度」でタスクを分類をする。

長期的な成功につながりそうな仕事はすべて「重要」と見なす。例としては、人間関係の構築や、自分自身の健康や成長に結びつく活動、トラブルの予防などがそう

締め切りが近い(もしくは締め切りが過ぎている)タスクはすべて、「緊急」となす。

  1. 今日1日のためだけのToDoリストを作成

既にカレンダーに記入されていることも書き込むことで、一日の全体像が見えてくる。 1日の計画を立てる際は、処理できる仕事の量を少なめに見積もり、それぞれの仕事にかかる時間を多めに見積もるのが良いでしょう。

2.1 最も重要なタスクを絞り込む 「MIT」とは「Most Important Tasks(最も重要なタスク)」の略です。

2.2 集中すべきタスクを1つ選ぶ 最も終わらせたいタスク、又は自分が抱えるタスクの共通テーマ(売上向上

2.3 「20%のタスク」を見つけ出す 「パレートの法則」に基づいて成果をあげる20%とあげない80%に分けられる。 何か1つのタスクを完了した時点で、その日はもう仕事を終わりにしなくてはならないとしたら、あなたは何を選びますか。

ToDoリストのタスクを容赦なく切り捨てて優先順位をつける方法 | ライフハッカー[日本版]


「目覚めた直後の2時間」こそ生産的に仕事ができる

朝起きて、コーヒーの香りを楽しみ、仕事に取りかかる。デューク大学の心理学及び行動経済学教授のDan Ariely氏によると、これが1日を始めるにあたっての新しいサイクルになるとのことです。

「目覚めた直後の2時間」こそ生産的に仕事ができる | ライフハッカー[日本版]


良いToDoリストを作る方法

  • 具体的ですぐ実行できる計画をたてる

例えば「ブログ記事を書く」とざっくりしたゴールを設定して終わりにせず、「ToDoリストに関するブログ記事を書くために、調査とブレインストーミングを行う」など、より具体的なタスクを設定していくほうがゴールに達成しやすくなる。

  • タスクをガチガチに管理しすぎない

  • 「インプリメンテーション・インテンション」を使って計画する

  • 締め切りを早めに設定する

  • 優先順位をつける

「今すぐやるべき」タスクを山ほど抱えているよりも、目の前のタスク5つに集中したほうがずっとうまくいきます。

  • ToDoタスクを減らす

  • ToDoリスト通りにはいかないものだということを覚えておく

タスクが減らない理由はコレ! 失敗から学ぶ「良いToDoリスト」の作り方 | ライフハッカー[日本版]