hagetak's blog

どうも、はげたかです。

今日の一言:カテゴリ分けをしっかりしたらPVあがるかな?

望遠レンズでの広角側/望遠側とは?

はじめに

以下のサイトでカメラの勉強をしている。たまたま見ていたら、「望遠側」「広角側」というキーワードが有り、それをまとめてみることにする。

デジタル一眼レフカメラ入門初心者講座/紅葉を撮影してみよう

これまで、対象物を撮るときF値が小さく済むように「広角側」でF値を下げて撮っていた。つまり、対象物との距離を短くしていた。

しかし、望遠側には望遠側の特徴があって、使い分けることによりより良い写真を撮ることが出来るらしい。

そこで、今回はまとめてみることにする。

広角側の特徴

広角側とは焦点距離が小さい方である。各レンズに 18mm - 55mm のように記載されている。この小さい方、18mmを広角側と呼ぶ。

広角側は、広角というぐらいだから対象物を含め、背景が広く映る。

f:id:hagetak:20141227025933j:plain

望遠側の特徴

一方、望遠側では、背景はあまり映らず、対象物を際立たせることができる

f:id:hagetak:20141227025903j:plain

でも、

まとめ

  • 広角側は、背景を含める場合に有効である

  • 望遠側は、背景を含めず、対象物のみを撮りたいときに有効である

これを見比べて、「あー!」ってなった。ただ、F値を下げて、ボケさせるってのはまだまだ素人なんだなぁって思った。望遠側の良い所・広角側の良い所を使い分けていくことが上級者への道なのか!

奥が深いなぁ

  • 絞りを低く・高く
  • シャッター速度をあげる・さげる
  • WB
  • 露出補正をあげる・さげる
  • ISO感度をあげる・さげる
  • 望遠側・広角側
  • レンズ
  • 色のバランス
  • 構図

こんなに選択肢がある... 奥が深すぎる。いっぱい写真を撮って、最適な方法で撮れるようになりたい。でも、たまには違った方法で撮らないとイノベーションを起こせないよね。

うあああああああああ。ダンジョンに入ったら、全て回らないと気がすまない僕にとってこれは厳しいぜ。

これは望遠っぽいな。

f:id:hagetak:20141226184414j:plain

シグマ 17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM キヤノン用 17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM EO

シグマ 17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM キヤノン用 17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM EO