読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

器用貧乏です。はげたかです。日記です。

どうも、はげたかです。今まで器用貧乏に生きてきました。ジェネラリスト・フルスタックエンジニアを目指しています。

今日の一言:カテゴリ分けをしっかりしたらPVあがるかな?

今の小学生のプログラミング事情

ふとおもった...

テキストサイト

自分が小学生のときは、HTMLのみのサイト(テキストサイト?)が流行った。個人のブログ・HPはほとんど似たようなデザインで、自分はmarqueeでよく文字を動かしていた。

どこかのサイトでタグを拾ってきてはそれを貼り付けて、飾っていた。

それが当たり前だった。

今の時代、そんなサイトがあったら、「かわいらしいな」とは思うけど、サイトに惹かれるようなことはないだろう。 CSSでより綺麗なデザインのサイトが当たり前になり、小学生にとっては敷居が高いのではないか。

自分は昔、iframeの概念が分からず、断念した(単に別のHTML要素を貼り付けるだけなのに...)。 それよりも複雑なCSSは余計理解が難しいだろう。

ゲーム作成

自分は昔、ゲーム作成に励まなかった(今も)が、メモリ/CPUに制限があり、PCというデバイスにも制限があった。そのため、ゲーム作成は困難だったんかなぁ。これはわからない...

一方で

昔より情報収集が簡単になり、プログラミング学習ツールが豊富である今の世の中は、プログラミング学習が簡単になったのではないか。

動画を見ながら同じように作業をすれば、同じようなデザインのサイトが作れる。初級者にありがちな、誤字脱字による難問、それを見破るコンソールを活用するスキルはそのとき学べるかわからないが。

そういった意味では、敷居は低くなったのかな。

どれが良くて・どれが悪いかはない

ただ個人的に思ったことをつらつらと述べただけ。

今がいい人もいれば悪い人もいる。自分は技術が発展したから良いと思う方だ。

また、プログラミングが理解できるとモノゴトを論理的に考えることができると思っている。

今は、ブログで考えたことをただ並べてるだけだが、レポートなどは論理的に書けるようになった。これはプログラミングを始めたからだと思っている。今まで文章をどう書けばいいかわらかなかったけどプログラミングが道を開いてくれた。そういった意味でプログラミング必須化に賛成。小学生頑張れ!

まだ、自分が一番になれると思ってるから、今の小学生に負けないように頑張るぞ!

小学生からはじめるわくわくプログラミング

小学生からはじめるわくわくプログラミング

広告を非表示にする