器用貧乏です。はげたかです。日記です。

どうも、はげたかです。今まで器用貧乏に生きてきました。ジェネラリスト・フルスタックエンジニアを目指しています。

今日の一言:カテゴリ分けをしっかりしたらPVあがるかな?

iPhone6のカメラに関する記事をまとめてみた

今日、iPhone6にしました。さっそく写真を撮ってみて、なんと...すごく写りがいいではないか!!

f:id:hagetak:20150315163115j:plain

f:id:hagetak:20150315163120j:plain

f:id:hagetak:20150315173704j:plain

コンパクトデジタルカメラを知らないけど、それに匹敵するんじゃないかな?

他のカメラとどう違うのか調べるために、様々な記事を読んでみた。

映像素子(センサーサイズ)について

映像素子とは、・・・説明できないので、簡潔に。

  • これが大きいと値段が高く、写りがすごく良い

いわゆる、ガチなやつ。プロやアマチュアカメラマンが持ってる感じ。(プロはもっと上かな?分かんないけど) フルサイズってよく言われるかな。上記のサイトを見ると、更に上があるらしいけど。

  • 中くらいは、値段はそこそこで、写りは結構良い

カメラ入門向けやアマチュア・ファミリー向けに出ているカメラはほとんどこれ、APS-Cサイズだね。

スマートフォンのカメラでみんな気にしているのは、画素数だと思う。でも、前提として、これ、映像素子が大きくないと意味がない。たいていのスマートフォンはこの映像素子が小さいので、画素数が大きくても写りが少し甘い。

でも、今回、iPhone6にして、撮ってみて...一味違った写りになったので注目したのだ。

参考サイト

さいごに

結局どうまとめればいいか分からなくなってしまった。言いたいことは、iPhone6の写りが良かった、としか言えない。

解説するほど知識はまだ乏しいし、今更感が半端無いし、今回は妥協する。

こうしてクオリティが落ちていくんだ。。。